総量規制対象外の銀行カードローンは安心?

 融資を受ける際、仮に自分の年収に関わらず莫大な融資を受けられたとしても返済のめどが立たず、後々トラブルになるなんてこともあり得ます。総量規制という利用者の年収の3分の1以上は融資できないとする規制があり、改正賃金業法で定められているようです。消費者金融や信販会社などの賃金業者がその対象になります。逆に、総量規制対象外の銀行カードローンはというのがあります。総量規制対象外のカードローンを必要としている人は銀行系カードローンを選べば良いのですが、どこでも借りられるわけでもないようで、審査も少々厳しい物が多いそうです。どちらを選ぶか、自分の希望する条件に合ったカードローンの審査に申し込むことが大事なのです。では、この総量規制がなければどうなるのでしょうか。仮に消費者金融で自分の年収は気にせずに緩い審査のところから莫大な融資を受けたとして、もちろん返済の能力がないですから、結局また他のところから借りてという多重債務を背負うことになるのです。そうならないためにもきちんとどれを選ぶか、自分で判断しなければならないのです。